channelSriLanka スリランカ情報

10 December 2018 Mon

シンハラ語 Singhalese

aayubovan

 スリランカの公用語で、人口の70%以上を占めるシンハラ人の言葉を「シンハラ語」と言います。インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派インド語派に属します。

借用語

タミル語からや植民地時代の名残として、ポルトガル語、オランダ語、英語からの借用語も多くみられます。

方言

南部や中央高山地帯で独自の言葉遣いが見られますが、各地域間の相違は大きくありません。

文語と口語

文語と口語間に多くの違いが見られます。文語はサンスクリット語(梵語)が多く使われ、口語には動詞に語形変化がないことが特徴です。

文法

基本語順は日本語と同じ「SOV型」。

文字

古代のブラーフミー文字から派生したと言われています。
18の母音字、36の子音字、合計54種類の文字からなります。ただし、口語では12の母音字、24の子音字の計36種類しか使用されません。

Ads by Google