channelSriLanka スリランカ情報

16 November 2018 Fri

ダイビング

ヒッカドゥアの亀

 スリランカで人気の高いマリンスポーツの一つに、ダイビング・シュノーケリングがあります。美しいサンゴ礁が広がる西海岸・南海岸を中心に、100以上もの絶好のサイトが点在しています。東海岸では、トリンコマリーが最も有名なスポットです。

 北東モンスーン(11月~4月)の時期は西海岸、南西モンスーン(5月~10月)の時期は東海岸がシーズンになります。また、各種PADIライセンス取得コースも人気を博しています。

沈没船 Ship Wrecks

古くからアラブやヨーロッパ諸国、そして東アジアとのスパイスや紅茶等の貿易で栄えたスリランカ周辺の海域は、多くの沈没船が海底に横たわっていることでも知られています。

ヒッカドゥア沖には、シェル社初のオイルタンカー「Conch」や「Earl of Shaftesbury」、バティカロア沖には英・航空母艦「The Hermes」が、日本軍のトリンコマリー空襲により海底に沈みました。またコロンボ沖合にも、第二次世界対戦時代の軍機や軍艦が数多く眠っていると言われています。

主なダイビングスポット

西海岸

「コロンボ Colombo」

沖合には多くの沈没船が横たわり、20以上のサイトがあります

「ネゴンボ Negombo」

沖合20キロメートルのサードリーフは澄んだ視界で有名

「ベールワラ Beruwala」

20メートル以上の深い岩場ではジンベイザメ、バラクーダに出会えます

南海岸

「ヒッカドゥワ Hikkaduwa」

サンゴ礁が広がる海は、Kiralagalaなどの岩場や沈没船が有名

「ウナワタナ Unawatuna」

ゴール隣に位置し、長い砂浜の沖にはブラックコーラルの岩場が広がっています

「バス Basses」

Little BassesからGreat Bassesにかけてのバリアリーフは40キロメートルにもおよびます

東海岸

「バティカロア Batticaloa 」

沈没船・The Hermesが有名

「トリンコマリー trincomalee」

美しい海に多くのサイトが点在する名所、イルカ観察ができることでも有名

シュノーケリング

トリンコマリー北に位置するナラベリやピジョン島が有名です。またヒッカドゥア、ウナワタナ、ミリッサにも良いスポットが点在しています。

Ads by Google