channelSriLanka スリランカ情報

22 May 2018 Tue

スリランカ民主社会主義共和国

正式名称

スリランカ民主社会主義共和国
(Domocratic Socialist Republic of Sri Lanka)

大統領

マヒンダ・ラジャパクサ(Mahinda Rajapaksa)

首相

D.M.ジャヤラトナ(Dissanayake Mudiyanselage Jayaratne)

首都

スリー・ジャヤワルダナプラ・コッテ
(最大商業都市 コロンボ)

人口

2,023万人(2008年)

民族

シンハラ人73%、タミル人18%、スリランカムーア人8%など

宗教

仏教徒70%(上座部仏教)、ローマン・カトリック教徒11%、
ヒンドゥ教徒10%、イスラム教9%など

公用語

シンハラ語、タミル語

通貨

スリランカルピー(LKR)
為替レート 1ルピーは約¥0.80(2009年12月)

国土面積

65,610平方キロメートル
9つの州からなる(日本の約1/5の大きさ)

気候

熱帯性気候に属し、平地の平均気温は22~33℃、高地では7℃~22℃と肌寒い
年2回のモンスーン 南西部(5月~9月)、北東部(10月~4月)と乾期からなる

地理

南アジア・インド洋赤道から北に645キロメートルに位置する

経済

GDP 407億ドル(名目2008年) 経済成長率 6%(2008年)
一人あたりGDP 2,014ドル(2008年)

主要産業

農業(紅茶、ゴム、ココナッツ、米作)、繊維業

教育

グレード制 Primary(Grades 1-5)、Junior secondary(Grades 6-9)が義務教育
Senior secondary(Grades 10-11)、Collegiate(grades 12-13)、University

Ads by Google