channelSriLanka スリランカ情報

20 March 2019 Wed

スリランカ中央銀行 新デザイン紙幣を発行

CBSL new banknote

 スリランカ中央銀行(CBSL)は2月、紙幣デザインを一新し、額面で最高額となる5000ルピー紙幣を加えた第11代シリーズを発行した。

 新シリーズは5000、1000、500、100、50、20ルピーの全6種からなり、新たに額面で最高額となる5000ルピー紙幣が加わり、2000ルピー、10ルピー紙幣は姿を消した。全紙幣の寸法は縦67ミリで統一され、横は20ルピー紙幣の128ミリから額面が大きくなるごとに5ミリづづ拡大する。1950年の発行から数えてCBSL11代目となる新シリーズのテーマは「発展、繁栄とスリランカダンサー」で、紙幣にはインフラ施設と新たに発見された固有種のフクロウなどの鳥やチョウ、スリランカの伝統的なダンサーなどが描かれている。

 各紙幣のベースカラーは基本的に前シリーズを踏襲しており、偽造を防止するための透かしや安全線、マイクロ印刷などがほどこされている。

 △20ルピー マルーン(128×67ミリ)△50ルピー ブルー(133×67ミリ)△100ルピー オレンジ(138×67ミリ)△500ルピー パープル(143×67ミリ)△1000ルピー グリーン(148×67ミリ)△5000ルピー ゴールド(153×67ミリ)

「参考 HP」

 (2011年3月1日)

Ads by Google