channelSriLanka スリランカ情報

20 March 2019 Wed

トリンコマリー Trincomalee

 スリランカ北東海岸に位置するトリンコマリーは、港湾としての重要性以外にも、美しいビーチや歴史的宗教遺跡など見どころがたくさんあります。市内は半島を中心に形成され、タミル文化のメイン都市の一つでもあります。

 天然湾としては世界で5番目の大きさと、深い水深を誇るトリンコマリー湾は、古くは東アジア、中国との大型船貿易で栄えました。また近年においては、ポルトガル、オランダ、英国の海軍基地、そして現在ではスリランカ海軍、空軍基地として利用されています。第二次世界大戦中 1942年4月9日には、セイロン沖海戦にて、南雲忠一率いる日本海軍がコロンボ攻撃(4月5日)につづいて、トリンコマリーを攻撃したことは有名です。

 海岸線に長く伸びるビーチは、サーフィン、スキューバダイビング、フィッシング、ホエールウォッチング等、各種アクティビティが充実しています。「ニラヴェリ Nilaveli」、「アプヴェリ Uppuveli」など、スリランカ有数の美しさと言われるビーチも人気があります。内戦中はジャフナ地域にほど近いことから、セキュリティの関係上、観光客の姿をみることは多くありませんでしたが、内戦の終結により一層の観光地化が期待されています。

他都市からトリンコマリーへのアクセス

都市名 距離(km) その他
コロンボ 260  
キャンディ 180  
アヌラーダプラ 105  
ポロンナルワ 130  
ゴール 370  
ジャフナ 240  

イルカ観察 Dolphin Watching

トリンコマリー東海岸沖は、イルカ観察の絶好のスポットです。イルカは、海洋動物の中でも最も賢く、フレンドリーだと言われています。運が良ければ、100頭以上のイルカの大群と出会うことができます。

ピジョン島 Pigeon Island

ニラヴェリ海岸から1キロメートルほど沖に位置するピジョン島は、スリランカに2ヶ所しかない国立海洋公園の一つです。名前の由来でもあるカワラバトや100種にもおよぶ珊瑚、ウミガメの生息地として知られています。

セルウィラ寺院 Seruwila Temple

紀元前2世紀に建設された仏教寺院。仏陀の前頭部の骨が祀られてると言われ、仏教徒の聖地の一つです。2006年 ユネスコ世界遺産の暫定リスト(tentative list)に登録されました。

Ads by Google