channelSriLanka スリランカ情報

10 December 2018 Mon

シギリヤ Sigiriya

 スリランカ中央部・ダンブッラ北東に位置するシギリヤは、古代遺跡・シギリヤロック(Lion's rock)で有名です。天上宮殿とも呼ばれるシギリヤロックは、5世紀にキャサパ王(Kasyapa 473-495)によって建造されました。

 天上宮殿とキャサパ王には、映画にも劣らないドラマチックな歴史があります。また、庭園に代表される洗練されたエンジニアリングと灌漑施設は、当時の技術水準の高さを物語っています。

他都市からシギリヤへのアクセス

都市名 距離(km) その他
コロンボ 180  
アヌラーダプラ 80  
ポロンナルワ 70  
ダンブッラ 20  

シギリヤ・ストーリー The Story of Sigiriya

時のシンハラ王朝・ダートセーナ王には、2人の息子がいました。長男は妾の子であり、シギリア宮殿を造ることになるキャサパ、そして次男は王妃を母に持つ王位継承者・マガラーナです。

473年 キャサパは、謀反を企て王位を奪取。ダートセーナ王は監禁され、マガラーナはインドへの逃亡を余儀なくされます。

権力だけでは飽き足らないキャサパは、父の隠し財宝を勘ぐり、その在処を詰問しますが、父は自身の造った貯水湖「Kala weva」が唯一の財宝だと主張します。怒り狂ったキャサパは、父をKala wevaの堤防に生き埋めにして殺害してしまいます。

父殺しの悪評とマガラーナの復讐を恐れたキャサパは、アヌラーダプラを離れ、難攻不落のシギリヤ宮殿を建設します。しかし、495年 軍を引き連れたマガラーナの報復に、自決することになります。

ユネスコ世界文化遺産

天上宮殿・シギリヤロックは、1982年「古代都市シギリヤ」として、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

天上宮殿

火山マグマが固化してできた高さ370メートルの岩山は、その四方すべてが垂直に切り立ち、楕円形の頂上に建設された宮殿からは、360℃のパノラマで眼下の平地を見渡すことができました。難攻不落の宮殿横には、巨大な貯水池や庭園も造られました。

シギリアレディ

シギリアロックの西側中腹には、500体もの絶世の美女が140メートルにわたり繊細に描かれた、フレスコ壁画がありました。残念ながら、現在ではそのうちの20体ほどしか残されていません。また、壁画に続く高さ3メートルの回廊は「ミラーウォール」と呼ばれ、うわ薬がかけられ光沢がつけられていました。

庭園

岩山周囲には、世界最古の一つと言われる庭園が築かれました。庭園は、水、岩、テラスの三つのモチーフから形成されています。西側中央に広がる水の庭園は、東西を軸に美しい左右対称に築かれています。

その他見どころ

Ads by Google